大切なことは誰も教えてくれないから、気づきの力が必要

おはようございます。
きゅうさんです。
小学校のとき、手を挙げて質問すると、
わからないことは先生が教えてくれた。
どんなくだらない質問だって、
聞けば答えてくれてた。
質問すればだけかが
答えを教えてくれるというのは幻想。
誰かは自分の都合で話をしている。
自分の欲や、メリットがあることしか、
基本的には
いい意味で冷静で。
人の本音の部分の心理を知っておいて
ほしいから。
たとえば、
テレビのコマーシャルとか、
スレンダーなキレイなモデルが颯爽と歩いて、
お洒落なメイクを披露したり、
最近だと、
スマホのアプリゲームで、
戦闘モノのCMが流れたりと。
アプリを宣伝するのも、
「無料で遊んでください!!」
っていうボランティアじゃないわけです。
開発するために人を雇って、
プロモーションにお金かけることで、
ダウンロード数を増やして、
有料課金につなげようって、
筋書きはあるわけです。
 
儲けるための商売な訳で。
無料でセミナーやりますって、
保険会社などがやってますが、
これも情報提供して、最終的には、
保険すすめて契約とるのが目的で。
タダより高いモノは無いって、
ホントその通りだと思います。
じゃ、どうすれば良いのか?
逆の立場になって考えてみることで、
気づきが得られます。
このアプリ会社はどーやって、
お客さんを集めてるのか?
アプリのCMで限定キャラを紹介して、
ダウンロード数を増やすのが目的か?
それとも、限定キャラの次があって、
有料だけど買いますか?
っていうのが、目的か?
これって商売やってる人だったら、
自分のビジネスに応用できることが
あるかもしれません。
聞けば答えてくれる人ばかりじゃ
無いってことをどうか知っててください!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。