アナログ手帳で予定管理するメリット

おはようございます。
きゅうさんです。
今日はアナログでスケジュール管理することの
メリットについてお話しします。
手帳に全て書き込むことで頭の中をクリアに整理して物事を観が得ることができる
Googleカレンダーやデジタルで
予定管理した方が便利なこともありますが、
(ルーティーンで行う予定、家族で共有したい予定など)
アナログの手帳の方が、
さっとページをめくるだけで、
予定が一目でわかります。

ここでポイントなのは何の手帳を使って管理するか?

形から入る僕にとっては、
何を使うかというのは非常に重要なことでした。

ただ、自分が求める書きやすい理想の手帳なかなか巡り会うことができません。

この僕がずっと出会えてなかったからです。

これまでは、手帳はデジタルで

管理すればいいと思っていました。

しかしアナログでの効果を改めて実感したので
今年度からは手帳を使ってみることにしました。

飽きっぽくて、欲張りな性格、
あれもこれも全てを満たしてくれる手帳と
ようやく出会えました。
それがこのじぶん手帳です。
・1週間を事細かくきたい
・朝活するのでバーチカルタイプで早朝の時間帯も記録したい
・ガントチャートも一目で見れる
・メモ帳がついてる
・・・
どうせ選ぶなら、
あれもこれも欲しい、
1冊の手帳1年間通して使うことができず、
3冊目でようやく理想の手帳と巡り会えました。
昔ながらの、手書きで手帳に書く方が
理解力を深めて、集中力を増す。

パソコンやスマートフォンのテキストにきれいに残そうするのではなく、

A4の裏上になぐりがきした方が自分の頭の中を考えようも飲めるのができる。

その延長線上にアナログの手帳と言うものを活用できる方法を、感じています。

自分がやるべき大事なことに対して
余すことなく、24時間を記録できる。
手帳だけでなくノートも何冊も追加変更できる
機能性も高い、優れた手帳です。
あなたも自分の理想の手帳が
見つかっていなかったら
ぜひじぶん手帳を使ってみることをオススメします。

あなたは、愛用している手帳はありますか?
もし人にオススメしたい一札があれば
ぜひ私に教えてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。